印刷 書籍 問い合わせ 会社案内 スタッフブログ

飛鳥出版室

 

飛鳥出版室は本づくりのお手伝いをしています。

 

書籍自分史の部屋飛鳥かわら版

 

ご本のお求めはメールまたはお電話でお気軽にお問い合わせください。
E-mail book@asuka-net.jp  TEL 088-850-0588


【寺田寅彦記念賞 受賞】

図説 土佐備長炭
書名

【図説】土佐備長炭

 21世紀に伝えたいこと

 

100年の歴史を持つ土佐備長炭を長年研究されてきた宮川さんと東京大学名誉教授理学博士の谷田貝先生による共著。土佐備長炭の歴史が統計資料や図などを用いて解説されているだけでなく、後継者育成の現状や土佐備長炭の新たな可能性などについても触れられており、土佐備長炭の過去と未来をつなぐ一冊となっています。

分かりやすいオールページフルカラー

著者

発行

宮川 敏彦・谷田貝 光克

飛鳥出版室

  A5判 207頁
定価 ¥1600(税込)
制作 飛鳥出版室
発行日 2013年5月23日 発行

戸次に死す
書名

戸次に死す

 

 九州討伐を狙う豊臣勢と九州制覇の野望に燃える島津家とがぶつかった戸次川の戦いを、豊臣勢の援軍であった十河存保にスポットを当てて描かれたフィクション作品。
 十河存保だけでなく、豊臣勢の援軍として共に送られた仙石秀久や長宗我部元親・信親ら、登場する武士たちの心情も細やかに描きながら、ひとつの戦いにかけた男達のエネルギーと緊張感がテンポよくつづられている。

著者

赤城 康彦

  B6判 65頁
定価 ¥500(税込)
制作 飛鳥出版室
発行日 2013年4月24日 発行

鐔(つば)は知っている
書名

鐔(つば)は知っている

土佐の幕末維新

 

 『一心不乱に』という名を持つ鐔(つば)が2枚あった。その意匠は幕府への忠誠心を表しており、山内家の家宝であった。幕末、そのうちの1枚が後藤象二郎と共にあった。『いろは丸事件』の謎とその真相は?『龍馬暗殺』の謎とその真相は?大胆な切り口でその真実に迫る。

 退職を機に土佐の歴史を研究するようになった著者は、歴史資料を通してその声を聞き、隠された真実に迫ろうとしている。今回の歴史資料は刀の鐔である。

著者

企画

発行

販売協力

小島 博明

高知県立坂本龍馬記念館

一般財団法人 坂本龍馬財団

飛鳥出版室

  A5判 184頁
定価 本体 ¥1500 +税
制作 飛鳥出版室
発行日 2013年2月26日 発行

【出版文化賞 受賞】

戦国刀匠譚
書名

戦国刀匠譚

 

 生まれ育った土佐で子供の頃に人生の師と出会い、刀剣鑑賞の指導を受け半世紀以上も刀剣を愛好し続けて来た著者が、退職後故郷に帰り、既に世を去った師と戦国時代の刀鍛冶の顕賞を目的として出版された作品。
 専門用語の説明にも細かく心が配られ、単に技術の伝承に止まらない師弟の強い絆と交流を描いた物語となっています。

 

序章
一 日本刀の系譜    十二 再   刃
二 兼音の工房     十三 兄弟の盟約
三 若狭五郎貞光    十四 関の発展と美濃彫り
四 兼音の修業     十五 上 古 刀
五 攻   城     十六 奉納大太刀
六 戦場の刀鍛冶    十七 砥石売り
七 合   戦     十八 兜 割 り
八 陣 中 打 ち     十九 剣   豪
九 籠   城     二十 之定の誕生
十 長船の若頭領    二十一 孫六兼元
十一 刀 競 べ    二十二 関鍛冶系図
            終章

著者

発行

式部 静

飛鳥出版室

  A5判 224頁
定価 本体 ¥1500 +税
制作 飛鳥出版室
発行日 2012年12月19日 発行

 目を覚ませ日本!21世紀の龍馬よ!
書名

目を覚ませ日本! 21世紀の龍馬よ!

〜李登輝元総統・魂の提言〜

『坂本龍馬財団』李登輝元総統快気祝い表敬訪問記

 

 龍馬の船中八策にならって台湾の無血革命を成し遂げた、まさに“台湾の龍馬”ともいうべき偉大な政治家・李登輝氏が、今の日本を憂い、新時代の龍馬の到来を強く願って訪問団を前に、熱く語った講演内容を収録。
 またこの本の特長は李登輝氏の講演録だけでなく、同行した35人の「坂本龍馬財団」のメンバーが、それぞれの感性で李登輝氏の人間的魅力を語っていることにある。それが李登輝元総統をより深く理解するヒントにつながる。志に生きる“人間李登輝”を感じてほしい。

発行

販売協力

一般財団法人 坂本龍馬財団

飛鳥出版室

  新書版 234頁
定価

本体 ¥1000 (税込)

制作 飛鳥出版室
発行日 2012年11月15日 発行

 私本 長宗我部興亡記
書名

私本 長宗我部興亡記

 

 土佐の中世を彩った長宗我部氏の栄光と主家滅亡の歴史を、その時代を生きた人々の人間模様を織り交ぜながら筆者独自の視点で多角的に展開した超大作!

 筆者の尾崎さんは高知大学医学部を退職後、趣味である歴史に傾倒し約4年の歳月をかけて本著を出版しました。

著者

発行

尾崎登喜雄

飛鳥出版室

  A5判 543頁
定価 本体 ¥2000 +税
制作 飛鳥出版室
発行日 2012年10月1日 発行

もんちゃんなかないで
書名

もんちゃんなかないで

 

 大好きなお父さんが帰ってこない。泣きだしてしまったもんちゃんが不思議な音に誘われて向かった先で見たものは…?

 美しい切り絵と共につづられる強くて優しい物語。

著者

山下 春代

  B判変形 18頁
頒価 本体 ¥1200 +税
制作 飛鳥出版室
発行日 2012年7月2日 発行

No Image
書名

翼のヒロシマ

 

 町田樹生さん(いの町在住)の二冊目の絵本。前作『パニの旅』は、捨て犬パニが旅で出会った人たちから教えられて、世界に目を開いていくストーリーでした。
 本作は、少年翼が広島への旅から過去の戦争を学び、平和の尊さに目覚めていく話です。
 二作に共通するのは愛と平和への強いメッセージ。人類が希求してやまないにもかかわらず、未だ実現できない永遠のテーマを町田さん独特の絵と共に力強く表現しています。

著者

発行

町田樹生

飛鳥出版室

  A4変形判 36頁
頒価 本体¥1000 +税
制作 飛鳥出版室
発行日 2011年8月 発行

【出版文化賞 受賞】

書名

一枚の絵葉書

 

 小谷了一さんが、父親(小谷貞弘)を偲んで著した一冊。自由奔放に生きた父親の姿が、遺された短歌と共に、ユーモアと愛情をもって描かれています。
 小谷貞弘氏は、教師から事業家となり、晩年は幡多の自然に包まれた「蜩亭」と名付けた庵で暮らし、多くの短歌を詠みました。
 宮中歌会始に選ばれ、その歌碑は四万十川岸のさくら堤公園に建立されています。

霧深し児らの姿をたしかめて朝の渡しのともずなを解く

著者

発行

小谷 了一

飛鳥出版室

  A5判 176頁
頒価 本体 ¥1500 +税
制作 飛鳥出版室
発行日 2011年6月 発行

書名

写文集「自然と語る」〜裏磐梯をゆく〜

 

 裏磐梯とは、福島県の北部にある磐梯高原の呼称。島本さんの切りとった一瞬からは裏磐梯の風のそよぎ、光の煌めきが伝わってきます。
——美しい秋の裏磐梯を訪れて、撮影三昧の幸せな一週間でした。自然が与えてくれた数々の感動を皆と分かち合いたくて作ってみました。一方では、山を切り開き住宅団地や工業団地等があちこちに造られています。大量に降った雨は森林の落ち葉に沈むことができず一気に川に流れ込み洪水となって災害をおこしています。これは人災です。それと知って、知らんぷりして、ただ自然の恐ろしさを口にしているのでしょうか。——(本文抜粋)
 感動して、そして、私達は考えなければなりません。

著者

発行

島本 葉子

飛鳥出版室

  200×220ミリ 60頁
頒価 本体 ¥1500 +税
制作 飛鳥出版室
発行日 2011年3月 発行

書名

身につき楽しい千句集

 

 もともと体の弱い私は、二十三歳の頃、職を失い体調をくずして、すぐにふとんに横になり、テレビを見るくせがついてしまった。(中略)
 小学校での先生に教わった俳句の授業がよみがえり、ひまつぶしに俳句を書いてみようと思った。そしてできたのが、「水仙や 花に見とれて 十一輪」という単純な句であった。でも自分ではいい句ができたとおごり気分。母に口で詠みあげると、「いいじゃない」と誉めるような貶すような何とも言えない感が伝わってきた。…(「はじめに」より抜粋)
 一気に詠んだという千句は、明日への希望につながる道標かもしれません。表紙も自作で俳句や川柳をつくる楽しさが伝わってきます。

著者

発行

元徳 友里夫

飛鳥出版室

  四六判 210頁
頒価 本体 ¥1200(税込)
制作 飛鳥出版室
発行日 2011年3月 発行

書名

産婦人科を退院してからの

母乳増量マニュアル

 

 母親が、産婦人科を退院してから自分で母乳育児を達成するために書かれたマニュアル本。14の症例と共に、的確なアドバイスが簡潔にまとめられている。

 母親だけでなく、産科医、小児科医、助産師の方々にも活用していただきたい一冊。

著者

発行

田村 保憲

田村こどもクリニック

  A5判 68頁
頒価 本体 ¥500(税込)
制作 飛鳥出版室
発行日 2011年5月 発行

書名

むくげの花の少女 —朝鮮国女の墓—

 

 幡多郡黒潮町の植野雅枝さんが1997年に出版した絵本。その後、英語、韓国語に翻訳もされロングセラーに。2011年度の学校推薦図書に指定された。
 「朝鮮国女の墓」とは、豊臣秀吉の朝鮮出兵で強制連行され、機織りの技術をこの地に広め、祖国を思いながら異国で亡くなった少女の墓で、今も地元の人々によって大切に護られている。

著者 植野 雅枝
  B5判 32頁
頒価 本体 ¥1500(税込)
制作 飛鳥出版室
発行日

2011年4月 第3刷

(初版1997年8月)


【出版文化賞 受賞】

書名

幕末の土佐 清岡道之助

 

土佐勤王党と山内容堂の確執のなか、命がけの憂国嘆願に散った二十三士が居た!
幕末の土佐では無名の下士たちが憂国の士として「国事周旋」に関わり、血生臭い事変に遭遇しながら多くの若い志士たちが命を落としている。
激動期の時代は、人を求め、人をつくり、役割を求め、若者が新しい時代の先頭に立ち、役割を終えた人々は確実に消されていく。
志のために生きるとはなにかを問う郷土史小説。

著者 吉良川 文張
  A5判 292頁
頒価 本体 ¥1800(税込)
制作 飛鳥出版室
発行日 2010年11月発行

書名

実相の日本(上)

 

これまでにない視点から観出された欧米文明の本質との対比によって明らかにされた日本人の真の本分と世界的使命とは?
地球温暖化阻止は日本国民に与えられた世界的使命ととらえ、その遂行と永続的な経済発展の道を照らす書。
日本人と欧米キリスト教徒の伝統的人生観、歴史、経済、経営、科学について一般人にも解りやすい言葉で書かれている。

著者 和田 臣仁
  四六判 272頁
頒価 本体 ¥1400(税込)
制作 飛鳥出版室
発行日 2010年11月 発行

書名

追補版 鎮守の森は今

高知県内二千六百二十二神社索引付

 

高知県内の2276神社を訪ね歩いた『鎮守の森は今』は、昨年出版されて多くの反響をいただきました。読者の方々から寄せられて情報をもとに、新たに訪ねた346の神社をまとめたものが本書です。加えて、神社巡りの途中で出会ったエピソード、前作の誤りや記載漏れの訂正も挟み込みました。

著者 竹内 荘市
  A5判 124頁
頒価 本体 ¥1500(税込)
制作 飛鳥出版室
発行日 2010年10月 発行

書名 ああっ、龍馬よ「丹中山騒動・完結編」
 

捩じれそうな真夜中に、龍馬関係や丹中山関係で、このような愚駄句本が一つぐらい有ってもよいのではないだろうか、とそう思いながら書き残すことにした記憶の日記。
丹中山は土佐の歴史の宝庫、開発中の丹中山と小高坂山に通い続けて、凡そ11年。それからこの史跡公園の完成までが、丸13年。
独りで出来る限りの事はやってきた。
そして龍馬の師や、仲間を残すことが出来た。
とにかく、この愚書は「主観」のみで一挙に書きあげた与太咄である。(本書より)

著者 前田 秀徳
  A5判 260頁
頒価 本体 ¥1995(税込)
制作 飛鳥出版室
発行日 2010年初夏 発行

書名

物理でほっと 

—コーヒータイムの5の物理—

 

 本書は、高知大学理学部教授が、夜間短大で20代から60代までの幅広い年齢層の学生対象に「自然科学」という題目で講義した内容が含まれます。物理にまつわる周辺話からコーヒータイムと銘打って中学・高校程度の数式を使いながら高度な物理学の内容にせまるものまで、80頁のこの一冊で大いに楽しんでいただけます。
 すっかり忘れていた数式を思い出してみませんか?たとえ思い出せなくても、「大学」の成立にはじまり、音楽と数学の結びつきから「ケプラーの宇宙の音楽」へと続く話は、数式音痴でも興味をかき立てられるのではないでしょうか。そして、要所に挿入されたパリ天文台等の写真にも、ほっと一息。杯を重ねるごとに、古代エジプト暦の起源から、地球を飛び出して宇宙の彼方まで物理で夢を語ります。

著者 津江 保彦
  A5判 80頁
頒価 本体 ¥1500(税込)
制作 飛鳥出版室
発行日 2010年7月13日

書名 鎮守の森は今 高知県内二千二百余神社
 

こんな小さな祠まで…限界集落といわれる高知県の山中までも、一人歩いて巡った二千二百余神社の記録。多くの反響を呼んで四刷目。加えて、各地からの神社情報を得て、追補版今秋刊行!

著者 竹内 荘市
  A5判 376頁
頒価 本体 ¥2000(税込)
制作 飛鳥出版室
発行日 2009年10月20日

書名 第二歌集 びわの実うるる
 

真っ新(さら)のハートで旅するこの一生(ひとよ)いつまでたっても少女の私
定年退職を数日後に控えた突然の発病を乗り越えて、六十歳は池村明子の新たな出発の歳となった。

著者 池村明子
  四六判 180頁
頒価 本体 ¥1300(税込)
制作 飛鳥出版室
発行日 2010年3月31日

書名 蜻蛉の花道
 

文庫版の蜻蛉詩第三集目。蜻蛉は著者の分身の術。その語り口は義太夫節か…ベベンベンと、蜻蛉の個人史を語り謡いあげる。

著者 ウカイヒロシ
  B6判 140頁
頒価 本体 ¥800(税込)
制作 飛鳥出版室
発行日 2009年11月1日

書名 鬼ばばの愛
 

著者は高知県内で絵手紙教室を主宰している。『鬼ばばの愛』というタイトルは、著者とその母の平坦ではなかった生活で育まれた強い絆に裏打ちされたもので、絵手紙の形で綴られた母への感謝状か。

著者 角川知寿子
  A4判変型 24頁
頒価 本体 ¥1050(税込)
制作 飛鳥出版室
発行日 2009年3月4日

書名 作詩集 ギターが弾けなくて
著者 土本奉以
  A5判 72頁
頒価 本体 ¥1500 +税
制作 飛鳥出版室
発行日 2008年4月8日

書名 嗚呼!人生―人・ふれあい録―
著者 東川正弘
  B6判 236頁
頒価 本体 ¥1000(税込)
   
制作 株式会社飛鳥
発行日 2008年3月8日

書名 口腔内科学
編集・監修 尾崎登喜雄
  A4判 464頁
頒価 本体 ¥17000 +税
   
制作 飛鳥出版室
発行日 2008年4月22日

題名 ふねごっこ
作者 丸林友文
  B5判 24頁
頒価 本体 ¥1000(税込)
   
制作 飛鳥出版室
発行日 2008年6月22日

書名 創造からの贈り物
作者 田村京子
頒価 本体¥2700 +税
   
制作 飛鳥出版室
発行日 2008年2月6日

書名 健人のたからもの
 

A4判 40頁

作者 中野えつこ
頒価 本体 ¥1300 +税
   
制作 飛鳥出版室
発行日 2007年12月5日

書名 中国の旅(歴史の跡を訪ねて)
 

A5判・158頁

著者 尾崎登喜雄
頒価 本体 ¥600(税込)
   
制作 飛鳥出版室
発行日 2007年5月13日

書名 高知市歴史散歩2
 

A5判・234頁

著者 広谷喜十郎
頒価 本体 ¥1810 +税
   
制作 飛鳥出版室
発行日 2007年9月1日

書名

The Rose of Sharon(A Korean Girl s Last Resting Place)

 

B5判 40頁

作者 植野雅枝
植野末丸
頒価 本体 ¥1400(税込)
   
制作 飛鳥出版室
発行日 2007年8月1日

書名 和紙と共に七十五年(モタやんの大正・昭和・平成)
 

A5判・156頁

著者 山岡茂太郎
頒価 本体¥1500(税込)
   
制作 飛鳥出版室
発行日 2007年6月1日

書名

新編 くちたんばのんのんき

(口丹波呑呑記)

 

252頁

著者 田島征彦
頒価 本体 ¥1600 +税
   
制作 飛鳥出版室
発行日 2006年7月1日

放歌高吟
書名 放歌高吟
 

B6判 268頁

著者 山崎酔客
頒価 本体 ¥1500(税込)
   
制作 飛鳥出版室
発行日 2005年5月5日

書名 十和千祭
 

A5判 302頁
7年間に渡り十和村内200余りのお祭りを歩いた著者渾身の暮らしの中のお祭り記録集

著者 竹内荘市
頒価 本体 ¥1575(税込)
   
制作 飛鳥出版室
発行日 2005年4月1日

書名 八十六歳 生きる愉しみ
 

B6判 208頁
どなたも同じでしょうが、あっという間の86年でした。

著者 横田扶三代
頒価 ¥1000
   
制作 飛鳥出版室
発行日 2004年5月1日

書名 健やかな 第二の 人生をめざして
 

A5判 246頁
高知医科大学を退官されてから4年、現在も医療現場で社会に貢献されながらゴルフや写真、パソコンとイキイキと活動されている森先生の古稀を記念しての出版です。高齢者が、老いの中でいかに健やかに豊かに歳を重ねていけばよいかについての指針に富むエッセイ集となっています。書中に散りばめられた草花の写真は、日課のウォーキングに撮影されたものですが、「旅に出かけなくても、小さなひとときが私の旅心を満たしてくれます」と。

著者 森惟明
頒価 ¥3500
   
制作 飛鳥出版室
発行日 2004年4月16日

書名 こども
 

B6変型 96頁
知っていますか?子どもの気持ち。
作者は、現役の保育士さんで、2児の母。「いちばん伝えたかったことは、子どもをふつうに育ててください」ということ。簡単そうで1番難しい。
 この本の短く心にしみる言葉を聞き、いきいきイラストを見ていると、子育てへの勇気が湧いてきます。
こどもは親を成長させてくれる。若いパパやママに贈りたい1冊です。

著者 はまだまさよ
定価 ¥800(税込)
   
制作 飛鳥出版室
発行日 2004年3月30日

書名 南の島のスオウマン
 

B5判 40頁
伊野町在住の山岡さん、第2作目の絵本です。遊びの達人の著者が、「おおのたまらん探検隊」(飛鳥より2000年出版)を主宰し、西表島に探検したときに生まれたのがスオウマンです。
ウルトラマンを彷彿させる愛らしい容貌の主「スオウマン」誕生のお話。

著者 山岡遵
定価 ¥800(税込)
   
制作 飛鳥出版室
発行日 2004年2月29日

書名 旅の途中
 

私に障害がなければ絵を描くことはなかったでしょう。
 私は絵の中に旅をします。出かけるのに身体的な問題もありますが、もともと何事にも臆病で、消極的な性格なので、絵の中でなら、身も心も何不自由なく思いのままになるので、よけいそうなのかもしれません……少しでも心掛かりな事があると絵に表れるものです。やはり絵は楽しく描かなくちゃと思った事でした。今日も私は楽しんでいます。

著者 西村洋一
定価 本体 ¥3000 +税
   
制作 飛鳥出版室
発行日 2004年2月15日

書名 ヤナセスギの森から
 

高知県の林業を思う。

著者 永森通雄
定価 ¥1500(税込)
   
制作 飛鳥出版室
発行日 2003年11月11日

書名 すみちゃん四国遍路をゆく
 

泣いて笑って一人旅、一寺一絵
愛車で駆けた九日間、心の旅

著者 角川知寿子
定価 ¥1200(税込)
   
制作 飛鳥出版室
発行日 2003年9月12日

書名 魔法の星からこんにちは
  にこにこ顔でいっぱいの地球になる事を願って人と同じでなくても心配しなくて大丈夫!
なりたい じぶんに なぁ~あれっ!!
著者 うみさと くじら
定価 本体 ¥800 +税
   
制作 飛鳥出版室
発行日 2003年4月10日

書名 命のリレー
  生まれた、生まれた、愛が生まれた、母の号泣、兄の怒声、妻の絶望地獄の中を這い回って今はもう、笑うことしかできない
私の好きな人
私の好きな人達
著者 村上伸二
定価 本体 ¥1300 +税
   
制作 飛鳥出版室
発行日 2002年4月27日

 

書名 ピコちゃんを食べた。
  京都・丹波で七転八倒!
(怒りと笑いの40年)
土を耕し、絵本を創る。はじめて明かす。絵本「じこくのそうべえ」誕生のひみつ!
田島征彦の創作エネルギーをさぐるエッセイ集
著者 田島征彦
定価 本体 ¥1600 +税
   
制作 飛鳥出版室
発行日 2002年6月1日

書名 流民となりて
   
著者 宅間 千延子
   
定価

本体 ¥500(税込)

制作 飛鳥出版室
発行日 2002年6月11日